振り込め詐欺と特殊詐欺

 「特殊詐欺」とは、被害者に電話をかける等の方法で対面することなく被害者を信頼させ、指定した預貯金口座への振込み等の方法により、不特定多数の者から現金等をだまし取る犯罪の総称をいいます。「振り込め詐欺」も、この「特殊詐欺」の類型のうちの1つです。以下では、「オレオレ詐欺」に代表される振り込め詐欺の代表的な類型についてお伝えします。

オレオレ詐欺

 「オレオレ詐欺」とは、被害者の身内を名乗って被害者に電話をかけ、さまざまな理由をつけてはお金を振り込ませたり、受取役(いわゆる受け子)に現金を手渡しさせたりする手法です。振り込め詐欺による被害の多数はこの手法によるものではないかと考えます。
 典型的には、高齢者の方の孫のふり等をして被害者に電話をかけ、「学費が払えない。」「事故を起こしてしまい治療費や慰謝料を支払う必要がある。」「会社のお金を使ってしまい、穴埋めをしないといけない。」等の口実でお金を引き出そうとしてきます。
 手の込んだ場合ですと、警察官や弁護士等になりすました人物も話に加わり、時には実際に家庭に訪問を行うこと等により、事案の信憑性を高めようとしてくる場合もあります。

還付金詐欺

 「還付金詐欺」とは、「払いすぎた医療(保険料、税金)を還付する。」等とだましてコンビニや銀行のATMに誘導し、ATM操作により、お金を振り込ませる手法です。
 典型的には、社会保険事務所の職員や税務署員を装い被害者に電話をかけ、ATMへと誘導した後、「指示通りに操作してほしい。」と言って詐欺だと気づかないよう言葉巧みに誘導し、お金を振り込ませようとしてきます。この際、残高照会を伴い「残高の右から〇〇桁が振込の取扱い番号だ」等といい、その金額を振り込ませる事も多いです。

架空請求詐欺

 「架空請求詐欺」は、インターネットを通じるもの(いわゆる「ワンクリック詐欺」。)と、はがきや封書を用いたものに代表されます。
 ワンクリック詐欺は、一回のクリックで契約したことにされ、多額の登録料、利用料金等の支払いを求めてくるものです。典型的には、アダルトサイトの「18歳以上」などと書かれたリンクや動画の再生ボタンをクリックした際に、料金の請求画面などを表示してユーザーの不安を煽らせ、利用料金の支払いを求める等してきます。
 また、はがきや封書を用いた架空請求は、「ご利用料金」などの名目で、公的機関風の名称の差出人から料金の支払いを求めるはがきが届くという方法です。「訴訟」や「強制執行」等の文言を散りばめる事で被害者の不安を煽らせ、指定の電話番号に連絡させた後に金銭を要求する事が典型例です。

被害に遭われた場合

 振り込め詐欺等の被害に遭われた場合、事案の性質上、被害金を取り戻すためには専門家による一刻も早い対応が必要不可欠です。詐欺被害に遭われお困りの方は、早急に越川総合法律事務所までご連絡下さい。

〒103-0016
東京都中央区日本橋小網町8-2
BIZMARKS日本橋茅場町 4F

  • 事務所サイト
  • 所属弁護士紹介
  • アクセス
  • ブログ